オオマツヨイグサ(大松宵草)

Oenothera glazioviana


オオマツヨイグサ

  • 科名・属名
  • : アカバナ科 マツヨイグサ属

  • 特徴

  •  草丈0.5〜1.5mの2年草。逸出帰化。
     茎は直立し、基部の赤い剛毛が密生する。
     葉は互生し、狭楕円形〜披針形で、長さ5〜15cm、幅2〜4cm。先は尖り、縁には波状の浅い鋸歯がある。
     花は葉腋に1個ずつつき径6〜8cm、花弁は4個で幅が広く、黄色で萎むと赤橙色になる。萼筒は長さ3.5〜5cmで花柄のように見える。
     刮ハは狭披針状で、長さ2〜3.5cm。

  • 分布・生育地

  •  逸出帰化(北アメリカ原産)
     北海道〜沖縄
     海辺や河原などの荒地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年8月6日 愛媛県四国中央市

  • 撮影記

  •  四国の川辺でみたこの花、本種かオニマツヨイグサか迷った。
     最終的に花弁が重なり合っている様子から本種としたが、萼筒の長さなどはオニのような気もする。
     この仲間は北アメリカからの帰化種がほとんどであるが、どらもよく似ていて、茎の毛や葉の様子、花弁などしっかりチェックしないと判断は難しい。

    同じ科の仲間の花