ミツバアケビ(三葉木通・通草)

Akebia trifoliata


ミツバアケビ1

  • 科名・属名
  • : アケビ科 アケビ属

  • 特徴

  •  落葉性(時に越冬)のつる性木本。
     枝は灰黒褐色、右巻きで無毛。
     葉は互生し、3出複葉で、小葉は卵形〜広卵形、長さ2〜6cm、幅1.5〜4cm。先は少しくぼみ、基部は円く、縁には少数の波状鋸歯がある。葉柄は長さ2〜14cm。
     花は雌雄同株で、葉腋から総状花序となって下垂し、基部に1〜3個の雌花、先端に十数個の雄花をつける。花弁はなく花弁状の萼片が3個あり、雌花は濃紫色で、径約1.5cm、花柄は2〜4cm、雌しべは短い円柱形で3〜6個ある。雄花は濃紫色で、径4〜5mm、花柄は長さ約3mm、雄しべが6個ある。
     果実(液果)は長楕円形、長さ約10cm、熟すと紫色を帯び、裂開する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  山野

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年5月6日  山口県美祢市
     中 2014年5月3日  大分県別府市
     左下上    同  上
     左下・雄花2014年5月6日  山口県美祢市
     右下・葉 2014年5月3日  大分県別府市

  • 撮影記

  •  あまり注意を払ってこなかった時期には目に入らなかったが、少し気をつけてみると各地に点々と生育していることがわかった。
     新緑の春の山野、黄緑色の若葉を透して注ぐ日の光は柔らかで、心まで穏やかにしてくれる。
     そんな木々に絡み付いき、この花が蔓を伸ばし花序をぶら下げている。
     雌雄同株で、花序の基部に1〜3個つき、大きいのが雌花、先の方に十数個つき小さいのが雄花だ。
     花弁はなく、濃紫色〜濃紅紫色の萼片が花弁状についている。

    葉

    同じ科の仲間の花
ミツバアケビ2

雄花

雌花