ナガバアリノトウグサ(長葉蟻の塔草)

Haloragis chinensis


ナガバアリノトウグサ

  • 科名・属名 :
     アリノトウグサ科 アリノトウグサ属
     注.APG分類では、学名(Gonocarpus chinensis)

  • 特徴 :
     草丈10〜25cmの多年草。
     茎はやや直立してよく分枝し、全体に粗毛が多くざらつく。
     葉は対生するが上部のものは時に互生し、披針状長楕円形〜披針形、長さ1.5〜2cm。先は鋭頭、基部は円形、縁には内曲する鋭く低い鋸歯が両側に4〜5個ある。表面には圧粗毛が散生する。
     花は頂生または上部の葉腋から穂状花序を出し、無柄で長さ約2mmの小形の花をつける。花弁は4個、暗紅紫色で長さ約1mm。雌花ではしばしば花弁はない。背面に粗毛がある。雌花の柱頭は4個で羽毛状。
     果実は半球形、8肋があり、小さな瘤が多くてざらつき、微小な白点が密にある。
     別名 ホソバアリノトウグサ

  • 分布・生育地 :
     沖縄 (国外:台湾、中国(南部)〜インドシナ、インド)
     日当たりのいい貧栄養の原野、荒地

  • 花期 :   9〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年11月29日  沖縄県1
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・雄花 2015年10月6日  沖縄県2
     下左・雌花 2015年11月29日  沖縄県1
     下右・葉 2015年10月6日  沖縄県2

  • 撮影記 :
     名前だけで詳細はよくわからなかったアリノトウグサ科の花、運良くこの花に出会える機会ができた。
     自生地は雨が降ると水が溜まるような、貧栄養の原野とも荒地とも言える場所だった。
     しかし、あまりにも花が小さく、かなり撮影したにもかかわらず、満足のいく花のアップは撮影できなかった。
     同じ年の11月末、時期的にはもう遅いと思ったが、今度は別の場所でまたこの花に出会い、何とか雌花の写真も写せた。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
雄花

雌花