ハゴロモグサ(羽衣草)

Alchemilla japonica


ハゴロモグサ

  • 科名・属名
  • : バラ科 ハゴロモグサ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     葉は根生し長い柄があり、円心形で長さ3〜7cm。縁は浅く7〜9裂し、両面に軟毛がある。茎葉は小さい。
     花は散形花序に多数つき、花弁はなく黄味を帯びた緑色で、径約3mm。4個の萼片と副萼片がある。
     和名はヨーロッパにある同属のレディスマントルの訳。

  • 分布・生育地

  •  北海道(夕張岳)、本州(南北アルプス)
     高山の草原、開けた場所

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1979年8月15日 山梨県北岳
     アップ 1985年7月7日 北海道夕張岳

  • 撮影記

  •  高山のやや湿った場所に生えるが、緑色の小さな花のため気づかないことも多い。
     分布も限られている花であるが、夕張岳でも白馬でも北岳でも出会ったことがある。
     ただ、いずれも20年以上前の話で、当時は目立つ花に気をとられ、出会った回数の割には撮影したカット数は少ない。
     花のように見えるのは萼片の変化したもので花弁はない。そういった所を丁寧に写真に収めるため、再び高山にチャレンジする必要性を実感している。

    同じ科の仲間の花
花