ハマナス(浜梨)

Rosa rugosa


ハマナス1

  • 科名・属名
  • : バラ科 バラ属

  • 特徴

  •  草丈50〜150cmの小低木。
     地下茎を伸ばして増え、群落を作る場合が多い。よく分枝し全体に鋭いトゲがある。
     葉は羽状複葉で小葉は7〜9枚、楕円形〜卵状楕円形、長さ2〜3cm。先は丸く、基部は広いくさび形、縁には鈍鋸歯がある。表面はしわがあり、光沢がある。
     花は枝先に1〜3個ずつつき、花弁は5個、紅色〜紅紫色で径5〜8cmと大きく、強い芳香がある。
     果実(偽果)は扁球形で径2〜2.5cm、朱赤色に熟し、食べられる。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(島根県、茨城県以北)
     海岸の砂地

  • 花期
  • :   6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年7月11日  北海道小清水花園
     中 1999年7月11日 北海道ワッカ花園
     (中は拡大写真あり。写真をクリック)
     下左 1983年7月20日  北海道礼文島
     下右・果実 2013年8月23日  北海道白糠郡

  • 撮影記

  •  海岸の砂地に群落になって生え、本州も日本海側は島根県より北に、太平洋側は茨城県から北にあるが、イメージは北海道の花である。
     「知床旅情」の歌にも歌われていて原生花園などでよく見かけ、海岸を埋める群落は素晴らしい。

    果実

    同じ科の仲間の花
ハマナス2

花