ヒメヘビイチゴ(姫蛇苺)

Potentilla centigrana


ヒメヘビイチゴ

  • 科名・属名 : バラ科 キジムシロ属

  • 特徴 :
     草丈30〜50cmの多年草。
     茎は軟弱でよく分枝し、開出する毛があるか無毛。初め斜上するが後につる状になって匍匐し、節から根を出す。
     葉は互生し、3出複葉、小葉は倒卵形〜楕円形、長さ0.5〜1.5cm、幅0.4〜1.5cm。先は鈍頭〜円頭、縁は歯牙状の鋸歯縁。質は薄く、明るい緑色、表面は無毛、裏面はわずかに粉白色を帯び、脈上に圧着した毛がある。
     花は葉と向き合ってつく柄のに単生し、径6〜8mm。花弁は5個、黄色で広卵形〜倒卵形、わずかに凹頭。
     果実(痩果)は広卵形、褐色で無毛、長さ約1mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜四国 (国外:極東ロシア、朝鮮、中国)
     山地の日陰のやや湿った所

  • 花期 :   6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 1994年6月14日  北海道札幌市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花序 2017年6月24日  福島県西白河郡
     左下・花、右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     山の木陰で小さな花を咲かせるこの花、草丈の割には最も花が小さく、薄黄緑色の小振りの葉とともに見分けは容易である。
     ただ、群生することはなく、少し湿り気のある山道際などにポツンと咲いていることが多い。
     パッとしない花だけに、先を急ぐ旅では撮り逃してしまうことの多い花だ。出会った時には面倒くさがらずカメラに収めておいた方がいい。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花序

花