クサボケ(草木瓜)

Chaenomeles japonica


クサボケ1

  • 科名・属名
  • : バラ科 ボケ属

  • 特徴

  •  高さ30〜100cmの落葉小低木。
     幹は地を這うか斜上し、よく分枝して刺がある。
     葉は互生し、倒卵形〜広卵形で、長さ2〜5cm、幅1〜3.5cm。先は円頭〜鈍頭、基部はくさび形、両面無毛で、縁には鋭い鋸歯がある。
     花は葉腋に3〜5個が束生し、朱紅色で計2.5〜3cm。花弁は5個、円形〜広倒卵形で長さ1.5〜2cm、開出する。
     果実はゆがんだ球形で、径3〜4cm、黄緑色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州
     山地・丘陵の日当りのいい所

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年4月13日  東京都八王子市
     中 2014年4月9日  東京都あきる野市
     下左・花、下右・葉    同  上

  • 撮影記

  •  まだ木々も芽吹いたばかりの雑木林、林縁の日当りのいい斜面に朱赤色の花が点々と咲いている。
     あまり高くない草丈の割には、葉腋に数個比較的大きな花をつける。
     写真は載せていないが、果実は径3〜4cmと大きく、果実酒を作るのに使われるようだ。

    葉

    同じ科の仲間の花
クサボケ2

花