クサイチゴ(草苺)

Rubus hirsutus


クサイチゴ

  • 科名・属名
  • : バラ科 キイチゴ属

  • 特徴

  •  高さ50〜60cmの落葉小低木。
     茎や枝には開出毛が密生し、まばらに刺や腺毛がある。
     葉は3小葉(場合により5小葉)からなり、小葉は卵形〜卵状披針形で、長さ3〜7cm。質は薄く、先は尖り、縁には細かな重鋸歯がある。
     花は枝先に1〜2個つき、径約4cm、花弁は白色で平開する。
     果実は球形で径約1cm。赤熟する。
     花弁が八重になるものがあり、
     ヤエザキクサイチゴ(f. harae)という。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  山野

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2000年4月30日 東京都高尾山
     下・八重 2010年4月11日 長崎県対馬

  • 撮影記

  •  春先の山野の林縁にごく普通に見られ、キイチゴを代表する1種である。
     果実は赤く熟し食べることができるので、撮影時歩きながらちょっとつまみ食いするのも楽しい。
     花は大きく平開し立派であるが、なかには普通5個の花弁が八重咲になった花(下の写真)も見られ、大きさとも相俟って園芸種の趣がある。

    同じ科の仲間の花
ヤエザキクサイチゴ