ナワシロイチゴ(苗代苺)

Rubus parvifolius


ナワシロイチゴ

  • 科名・属名
  • : バラ科 キイチゴ属

  • 特徴

  •  つる状に伸びる落葉低木。
     枝には下向きの刺があり、軟毛が密生する。
     葉は互生し、普通3小葉からなり、頂小葉は菱状円形〜広倒卵形で、長さ幅とも3〜5cm。先は円頭で、縁には粗い欠刻状の重鋸歯がある。裏面は白い綿毛が密生する。
     花は枝先や葉腋に上向きにつき、花弁は長さ5〜7mm、紅紫色で直立し開かない。萼には軟毛が密生し、小さな刺がある。
     果実(集合果)は球形で、径約1.5cm、赤熟する。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  山野の日当りのいい所

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1994年3月20日  鹿児島県奄美大島
     中・花1 1991年6月30日  北海道斜里郡
     下左・花2 2014年5月27日 神奈川県川崎市
     下右・葉    同  上

  • 撮影記

  •  日本全土の山野にごく普通に見られるということで、奄美大島と北海道、それに関東地方で撮影した花をアップした。
     開花時でも花弁は閉じたままであるが、紅紫色の花の色は優しい感じがする。ただ、萼にも刺があるので、下手に触らない方が無難だ。
     なわしろ(苗代)の由来は、この実の熟すのが苗代を作る頃からきているらしい。

    葉

    同じ科の仲間の花
花1

花2