ニガイチゴ(苦苺)

Rubus microphyllus


ニガイチゴ

  • 科名・属名
  • : バラ科 キイチゴ属

  • 特徴

  •  高さ1〜2mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、無毛で粉白を帯び、細かい刺が多い。
     葉は互生し、広卵形〜卵形で花のつく枝で長さ2〜5cm、花のつかない枝で6〜10cm。先は円頭〜鈍頭で3浅裂するかしないものあり、縁には不揃いな欠刻状の鋸歯があり、裏面は粉白色。
     花は普通1個上向きに咲き、白色で径2〜2.5cm。花弁は倒卵形へら形〜狭楕円形で長さ10〜12mm、斜開し外へ反る。
     果実は球形で径約1cm、赤熟する。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  低山地の林縁や荒地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年4月24日  愛知県岡崎市
     中・花    同  上
     下左・果実  東京都高尾山
     下右・葉 2012年4月24日  愛知県岡崎市

  • 撮影記

  •  春、低山地の林縁でよく見かけていたが、あまりにも一般的なせいか撮影できていなかった。
     キイチゴ類を整理していてそのことに気づき、撮影予定リストに載せた。
     早速、愛知県の湿地に出かけた際、林縁の荒地でこの花に出会った。
     春先の陽が当たった白い花は色飛びする。雲で日差しが遮られるのを期待したが、雲一つない好天であきらめざるを得なかった。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

果実