サナギイチゴ(猿投苺)

Rubus pungens Camb. var. oldhamii


サナギイチゴ

  • 科名・属名
  • : バラ科 キイチゴ属

  • 特徴

  •  つる状の落葉低木。
     枝は地を這って長く伸び先で根を下ろし、細かい刺が疎らにある。
     葉は互生し、5〜7個の小葉からなる奇数羽状複葉で、頂小葉は菱形状卵形〜卵状三角形で長さ2〜4cm、幅1〜3cm。側小葉は頂小葉より小さく、卵形〜楕円形。質は薄く、縁に深い欠刻と鋸歯がある。
     花は短い枝の先に1〜3個つき、白色〜淡紅色で径約2cm、花弁は5個で倒卵状へら形。
     果実は球形で、径約1.2cm、赤熟する。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  深山の林下

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年6月5日 長野県八ヶ岳山麓
     中・花、下・葉   同 上

  • 撮影記

  •  ブナ帯に見られるやや深山系のキイチゴで、枝がつる状に伸びその先に根を下ろすことから草本のように見える。
     和名のサナギ(猿投)は愛知県の猿投山(サナゲ)で見つけられたことからつけられている。
     八ヶ岳山麓の登山道を散策していたとき、道端に点々と咲いていた。

    同じ科の仲間の花
花

葉