テンノウメ(天の梅)

Osteomeles anthyllidifolia var. subrotunda


テンノウメ

  • 科名・属名
  • : バラ科 テンノウメ属

  • 特徴

  •  高さ1〜3mの常緑低木。
     幹は岩場を匍匐し、紫褐色で、若枝は白い軟毛を密生する。
     葉は長さ3〜4cmの奇数羽状複葉で、小葉は5〜8対あって対生し、楕円形〜広楕円形、長さ3〜8mm、幅2〜4mm。先は円頭または凹頭で、初め両面に白毛があるが、後に表面は無毛で裏面には少し残る。
     花は散房花序で頂生し、白色で径約1cm、花弁は5個で倒卵形。
     果実(梨果)は球形で、径約6mm、黒紫色に熟す。

  • 分布・生育地

  •  九州(屋久島以南)〜沖縄
     隆起サンゴ礁の上

  • 花期
  • : 3〜4月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年3月18日  沖縄県宮古島
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記

  •  図鑑を見ると屋久島以南に分布しているようであるが、よく見かけるのは沖縄の海岸、隆起サンゴ礁の岩上である。
     沖縄島の有名な観光地、恩納村万座毛の隆起サンゴ礁の上にもいくらか生えているが、大きな群落を目にしたのは宮古島だった。
     岬に続く道路際の岩場を覆い尽くすようにこの植物が広がり、所々に白い花が見えた。
     宮古島は大きな川がないので沖縄でも有数のきれいな海が広がり、青い海を眺めながらの撮影は最高だった。

    同じ科の仲間の花
花

葉