キリンソウ(黄輪草)

Sedum kamtschaticum


キリンソウ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 マンネングサ属

  • 特徴

  •  草丈10〜50cmの多年草。
     葉は互生し広倒披針形〜広倒卵形で長さ2〜7cm、幅1〜2cm。上半部に鈍鋸歯がある。
     花は茎頂に3出集散花序を出し多数つき、花弁は濃黄色、長さ6〜7mm。雄しべは長さ5mm程度。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州
     山地草原、林縁、崖、海岸

  • 花期
  • : 5〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2001年7月8日 滋賀県伊吹山
     中・花 大分県大分郡
     下・葉 2013年7月28日 長野県霧ケ峰

  • 撮影記

  •  キリンソウはその花の色から和名の漢字は「麒麟草」だとばかり思っていた。
     調べると「黄輪草」とのことであるが、いずれにしても花の黄色が由来になっているように、濃黄色の花弁の目立つ花である。
     山の草原や海岸の岩場など、生育環境の異なるいろいろ場所でよく見かける。
     よく似たホソバノキリンソウとの違いは、葉の縁にある鋸歯がこの花では上半分にしかないことで、ホソバの方は葉縁全体にある。

    同じ科の仲間の花
花

葉