マツノハマンネングサ(松の葉万年草)

Sedum hakonense


マツノハマンネングサ1

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 マンネングサ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     茎は下部で枝分かれし、花枝と花をつけない枝を密生する。花枝の下部は紅紫色を帯びる。
     葉は互生し、線形で長さ1〜2.5cm、肉質でやや扁平。
     花は花枝の先に集散状に10〜20個つく。花弁は4個で濃黄色。裂開前の葯は赤色または橙色。

  • 分布・生育地

  •  本州(埼玉県〜静岡県)
     山地の落葉広葉樹の樹幹に着生

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年8月9日 東京都
     中、下  同 上

  • 撮影記

  •  秩父、丹沢、富士山周辺のブナなどの落葉広葉樹の樹幹に、コケやシダなどと一緒に着生している。
     和名の通り葉が細くて長い。
     丹沢や奥多摩で何度か見かけたものの、見上げるような高い位置に着生していて、思うような写真が写せなかった。
     ある年いつものように出かけてみると、傾いた大木があり、その幹に黄色い花が見えた。
     近づいてみると予想通りこの花で、じっくり撮影した。

    同じ科の仲間の花
マツノハマンネングサ2

花アップ