ミセバヤ(みせばや)

Hylotelephium sueboldii


ミセバヤ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属

  • 特徴

  •  草丈15〜30cmの多年草。
     茎は多数束生し、斜上するか垂れ下がる。
     葉は3個輪生し、倒卵形〜扇形で、長さ1〜1.5cm、幅1.3〜2cm。肉質で緑白色。
     花は茎頂に球形で散房状につき、花は直径約8mm、淡紅色で花弁は5個。

  • 分布・生育地

  •  四国(小豆島)(固有) 山地の岩上

  • 花期
  • : 10〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年10月23日 香川県小豆島
     アップ  同 上
     上は拡大写真あり(写真をクリック)

  • 撮影記

  •  栽培が容易なため庭や石垣上で栽培されているものや逸出したものをよく見かけるものの、自生は香川県の小豆島だけである。
     紅葉で有名な寒霞渓をロープウェイで上がっていくと、まだ紅葉の時期には早いにもかかわらず、切り立った岩壁が赤く見えた。
     よく見るとこの花の群生である。近づける方法かないかと覗き込んだが、命がいくつあっても足りそうにない。どこかに撮影できる株があるはずとくまなく探し、やっと近寄れそうな株を見つけた。
     恐る恐るの撮影となったが、近くで見れば見るほど、和名の由来となった「誰に見せよう」という意味が納得できる美しい花だった。

    同じ科の仲間の花
花アップ