セイロンベンケイ(セイロン弁慶)

Kalamvhoelum pinnata


セイロンベンケイ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 リュウキュウベンケイ属
     注.Bryophyllum属の考え方もある

  • 特徴

  •  草丈40〜140cmの多年草。帰化。
     葉は中部につくものは3−5個の羽状複葉、上部の葉は単葉。小葉は楕円形で長さ5〜20cm。多肉質で縁には鈍い鋸歯がある。
     花は円錐状集散花序で下垂して多数咲く。花冠は円筒形で萼は2.5〜4.5cm、紅色を帯びた黄色。花冠は下半分が淡緑色、上半分は紅色。
     別名 トウロウソウ

  • 分布・生育地

  •  逸出帰化(南アフリカ原産) 沖縄、小笠原
     海岸、裸地、路傍

  • 花期
  • : 12〜3月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年3月20日 沖縄県西表島

  • 撮影記

  •  初冬に八重山諸島を訪れた時、ほとんどの花が本州では見たこともない花で興奮した。
     この花もその時道路際で見かけたが、見るからに植栽の雰囲気で、意欲が湧かず1カットも撮影しなかった。
     しばらくたって沖縄島の石灰岩の山に登ったところ、ほとんど登山客もない山上の岩間でこの花を見かけた。花期ではなかったが、何箇所にも生えていて自生の雰囲気だった。
     こんなところに生えるのなら逸出種と位置づけられると、今年撮影した。ただ、以前より減少しているような気がする。

    同じ科の仲間の花