ツルマンネングサ(蔓万年草)

Sedum sarmentosum


ツルマンネングサ

  • 科名・属名

  •  ベンケイソウ科 マンネングサ属

  • 特徴

  •  草丈10〜15cmの多年草。帰化。
     茎は紅色を帯び、花をつけない茎は長く地を這う。
     葉は普通3輪生で、狭長楕円形〜倒披針形、長さ1.3〜2.5cm。淡緑色〜濃黄緑色。
     花は直径1.5〜1.7cm、花弁は5個で黄色。裂開前の葯は橙赤色。

  • 分布・生育地

  •  帰化(朝鮮、中国東北部原産)
     都市近郊の河原、石垣、崖地 

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2002年5月25日 東京都日野市
     下 2004年5月14日 東京都あきる野市

  • 撮影記

  •  古い時代に朝鮮や中国から帰化したようで、堤防上や石垣など人家の近くに多い。
     近所の多摩川のコンクリートの堤防護岸上にも多く、花期には上の写真のように、法面が黄色く見えるほどだ。
     赤みを帯びた茎が長く伸びるので、一見して本種とわかる。

    同じ科の仲間の花
花アップ