オオバグミ(大葉茱萸)

Elaeagnus macrophylla


オオバグミ1

  • 科名・属名 : グミ科 グミ属

  • 特徴 :
     高さ2〜4mの常緑低木。
     枝はツル状に伸び、分枝は下向きに伸びる。小枝は太く、稜角があり、淡褐色や褐色の鱗状毛がある。
     葉は互生し、葉身は広卵形、長さ5〜8(−10)cm、幅4〜6cm。先は急に短く尖り、基部は円く、縁は波打つ。質はしなやかな革質、表面は深緑色で光沢があり、初め銀色の鱗状毛があるが次第に落ち、裏面は銀白色の光沢なる鱗状毛を密生し、淡黄褐色〜褐色の鱗状毛が散生する。葉柄は長さ1〜2.5cm。
     花は葉腋のごく短い枝の先に1〜3個垂れ下がってつき、花弁はなく萼筒は白色で広鐘形、長さ4〜5mmと短く、基部は急にくびれ子房につながる。先は4裂し、裂片は萼筒とほぼ同長。萼筒の外面には銀白色の鱗片が密生し、淡赤褐色の鱗状毛が混じる。花柄は長さ5〜8(−10)mm。
     果実(偽果)は長楕円形、長さ1.5〜2cm、3〜4月に紅熟し、外面に白い鱗状毛が残る。
     別名 マルバグミ

  • 分布・生育地 :
     本州(宮城県以南)〜沖縄 (国外:朝鮮(南部)、中国(東部)、台湾
     海岸、沿海地

  • 花期 :   10〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2017年11月2日  神奈川県三浦半島
     中1・全体2 2014年11月23日  神奈川県城ヶ島
     (上、中1は拡大写真あり、写真をクリック)
     中2・花序 2014年11月7日  千葉県鴨川市
     中3・花1 2017年11月2日  神奈川県三浦半島
     中4・花2(側面) 2014年11月7日  千葉県鴨川市
     左下・果実 2015年4月25日  神奈川県城ヶ島
     右上・葉(表)、右下・葉(裏) 2017年11月2日  神奈川県三浦半島

  • 撮影記 :
     秋も深まった頃、海岸植物の撮影に出かけると、海岸端でグミの花を見かける。
     春に同じ場所でもグミの花を見かけるので、知識のないころは春咲きの花の狂い咲きかと思っていた。
     調べると本州(宮城県以南)〜沖縄にかけての海岸に生え、秋に花が咲き、葉が卵円形で大きいことから、別名マルバグミと言われる本種ということがわかった。
     葉裏は銀白色の鱗片に覆われて白っぽく見え、表面も最初鱗状毛があるが(中1の写真では見える)次第に脱落し、すべすべした光沢のある葉(右上の写真)になっていることが多い。
     グミは実があってこそ、果実の熟す春に撮影に訪れたが、時期が遅かったせいかわずかな数しか残っていなかった。
     果実は大きく、紅熟しても表面に白い鱗片が残るため、全体に白っぽく見える。

  • 葉(表)

    葉(裏)

    同じ科の仲間の花
オオバグミ2

花序

花1

花2(側面)

果実