ヒシ(菱)

Trapa japonica


ヒシ

  • 科名・属名
  • : ヒシ科 ヒシ属

  • 特徴

  •  水面に浮かぶ1年草。
     浮水葉は放射状に伸びて水面に浮き、三角状菱形〜広菱形で、長さ、幅とも3〜6cm。上部の縁に三角状の鋸歯がある。裏面と葉柄に毛があり、葉柄の中央部は紡錘状に膨らみ、浮袋の役目を果たす。
     花は白色、ときに淡紅色を帯びた4弁花で、径約1cm。
     果実はやや平らな倒三角形で、4個の萼のうち左右の両端の2個が変化して刺となり、刺の先端付近に小さな下向きの刺がある。刺と刺の間は3〜5cm。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  池、沼

  • 花期
  • : 7〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年8月27日 新潟県瓢湖
     下・花 2004年8月29日 新潟県福島潟

  • 撮影記

  •  古い池や沼の水面を覆って大群落になっている光景をよく見る。
     割合に水深のある方が好みらしく、小さな花を撮影しようと思っても近づけないことが多い。
     この植物、花が終わると水中に大きな2つの刺のある果実になり、昔はこれを食用にした。

    同じ科の仲間の花
花アップ