ムカゴイラクサ(零余子刺草)

Laportea bulbifera


ムカゴイラクサ

  • 科名・属名
  • : イラクサ科 ムカゴイラクサ属

  • 特徴

  •  草丈40〜80cmの多年草。
     茎や葉に刺毛があり、触ると非常に痛い。
       葉は互生し、卵状楕円形で長さ5〜15cm、幅3〜6cm。先は尖り、長い葉柄がある。葉腋にムカゴ(珠芽)がつく。
     花は雌雄同株で、花は緑白色で、雌花序は上方の葉柄につき、柄がなく長さ4〜7cm、雄花序は下方の葉腋につく。雌花の花被片は4個。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州 山地のやや湿り気のある所

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年7月31日 山梨県南アルプス市
     中、下左  同 上
     下右 2006年9月23日 神奈川県横須賀市

  • 撮影記

  •  南アルプスのある山の登山道脇で出会ったこの花、茎頂には雌花が葉腋には雄花がきれいに咲き、わかりにくいが下の方の葉腋にはむかごまで付いていて、生態写真のモデルのような花だった。
     葉腋にムカゴ(珠芽)がつくのが最大の特徴で、三浦半島で出会ったムカゴは食べられそうなくらい大きかった。
     この仲間は葉や茎にある刺毛に触れると、刺すような鋭い痛みを感じる。この痛みは刺激性のある液によるもので、しばらく痛みが残って厄介だ。

    珠芽

    同じ科の仲間の花
雌花

雄花