ナガバヤブマオ(長葉藪苧麻)

Boehmeria sieboldiana


ナガバヤブマオ1

  • 科名・属名 : イラクサ科 カラムシ属

  • 特徴 :
     草丈1〜2mの多年草。
     葉は対生し、卵状楕円形で長さ10〜20cm。先は長く尾状に伸び、縁には揃った鋸歯があり、質はやや薄く、表面は鮮緑色で光沢がある。
     花は雌雄同株で、上部に雌花序、下部に雄花序がつく。

  • 分布・生育地 :
     本州(東北地方南部以西)〜沖縄  山地

  • 花期 :  8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     2006年9月5日  鹿児島県屋久島
     中 1993年8月21日  茨城県水海道市
     下・左右 2012年7月31日  鹿児島県屋久島

  • 撮影記 :
     ヤブマオの仲間はみなよく似ていることや雑種も多く、中間的な葉の形のものが多いので同定には苦労する。
     その中で、本種は葉が円形や卵円形ではなく長楕円状に伸びるので、比較的わかりやすい。
     とはいっても、上の花を撮影した屋久島では、よく似たタイワントリアシという植物もあるらしく、正直言ってよくわからなかった。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ナガバヤブマオ2

雌花序