アオガンピ(青雁皮)

Wikstroemia retusa


アオガンピ1

  • 科名・属名
  • : ジンチョウゲ科 アオガンピ属

  • 特徴

  •  高さ1〜3mの常緑ないし半常緑の低木。
     枝はよく分枝し、1年目の若枝には短毛がある。
     葉は6〜7月に落葉し、その後新葉が出る。葉は対生し密につき、倒卵形〜長楕円形で、長さ1.5〜5cm、幅1〜3.5cm。質は紙質で濃緑色。
     花は短い穂状花序となって茎頂に数〜20花程度つき、両性花で黄緑色。萼は筒状で先は4裂し裂片の先は円く、長さ約8mm、外面に疎らに伏毛がある。花柄は長さ7〜30mm。
     果実(液果)は楕円状球形で、赤熟する。

  • 分布・生育地

  •  奄美大島〜沖縄  原野、岩上

  • 花期
  • : 7〜9月(実際はもっと長い)

  • 撮影月日・場所

  •  2005年11月5日 沖縄県西表島
     中 2005年11月8日   同 上
     下左右・花、果実 2005年11月5日   同 上

  • 撮影記

  •  海岸近くの原野だけでなく、潮をかぶりそうな隆起石灰岩の上にしがみつくように生えている。
     西表島で初めてこの木を見たが、冬期で花はなく、11月に訪れた時初めて花を見た。
     枝先に咲く黄緑色の小さな花はとても可愛く、見ていてホッとする気持ちになれる花だ。
     図鑑では花期を7〜9月としているが、もう少し遅くまで花が見られることが多い。

    果実(液果)

    同じ科の仲間の花
アオガンピ2

花