アキカラマツ(秋唐松)

Thalictrum minus var. hypoleucum


アキカラマツ1

  • 科名・属名 : キンポウゲ科 カラマツソウ属

  • 特徴 :
     草丈15〜200cmの多年草。
     根は肥厚せず、匐枝を出さない。
     茎は直立し、上部で分枝し、縦に筋があり稜がある。
     葉は3〜5回3出複葉で、根出葉は花時も残り、小葉は卵形〜広卵形(〜倒卵形)、長さ0.5〜5cm、幅0.5〜3.5cm、黄緑色で白っぽく、先が3〜5浅裂する。
     花は径2〜20cmの円錐状となって多数つき、萼片は卵状楕円形、長さ4mm、黄白色で草落性。雄しべは長さ約8mm、葯は黄白色で長さ1.5〜2mm、花糸は糸状になる。花柄は0.2〜1cm。
     果実(痩果)は1〜4個、紡錘形で長さ3〜4mm。8〜10本の稜があり、斜開する。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州(奄美大島まで) (国外:朝鮮、中国、千島、サハリン、ロシア沿海地方、モンゴル)
     海岸〜高山までの各所

  • 花期 :   7〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     1996年7月12日  北海道知床半島
     中 2016年7月20日  兵庫県高砂市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花序 1996年7月12日  北海道知床半島
     下左・花、下右・葉 2016年7月20日  兵庫県高砂市

  • 撮影記 :
     和名のとおり夏から秋にかけて咲き、海岸〜高山まで広く生育することから、大きさなど変異が大きい。
     花は花糸が垂れ下がり、葯が黄色で多数つくものの、遠目にはあまりパッとしない。ただアップにして見ると以外に美しい。
     以前は、礼文島に生育する小葉が長楕円形のものをレブンカラマツ(var.rebunense)と分けていたが、最新のAPG分類では特に分けられていない。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
アキカラマツ2

花序

花