アズマシロカネソウ(東白金草)

Dichocarpum nipponicum


アズマシロカネソウ(群落)

  • 科名・属名 : キンポウゲ科 シロカネソウ属

  • 特徴 :
     草丈10〜30cmの多年草。
     根茎は太くて長く、匍枝はない。
     根出葉は1〜4個、または欠き、頂小葉は扇形〜菱状卵形、長さ0.7〜4cm、幅0.7〜3cm。葉柄は5〜10cm。中部の茎葉は互生し、頂小葉は菱形〜扇形、長さ1〜5.5cm、幅0.8〜4cm。先は粗い鋸歯縁、基部はくさび形。葉柄は基部で合着する。
     花は集散花序となって2〜数個つくか単生して点頭し、径9〜14mm。萼片は5個、楕円形で長さ6〜10mm、幅3〜5mm、黄緑色で外側は紫色を帯びる。花弁の基部は黄色、広楕円で内曲して皿状になる。花柄は長さ2〜3cm、小苞は対生し、葉状で3裂し、合生する。
     果実(袋果)は2個が広がって魚の尾のようになり、長さ約0.9cm。

  • 分布・生育地 :
     本州の日本海側(秋田県〜鳥取・岡山県) (国外:日本固有)
     温帯林の下の沢沿いなど湿った所

  • 花期 :  4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体(群生) 1997年4月29日  新潟県北魚沼郡
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・全体、下・花    同  上

  • 撮影記 :
     本州の日本海側の雪深い沢沿いに咲くため、何ヶ所か自生地はわかっているものの交通の便が悪く出かけられずにいた。
     ある時、比較的交通至便な場所にあると聞き出かけた。GWとあってスキー客もまだ多い。
     現地は、ダム工事で水没が予定されている田を渡った小さな沢沿いで、群生しているせいか、小さい花ながらよく目立った。
     やや半開きの紫と黄色の花のバランスが何とももいえないいい雰囲気を醸し出している。

  • 同じ科の仲間の花
アズマシロカネソウ

花