ボタンキンバイ(牡丹金杯)

Trollius pulcher


ボタンキンバイ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 キンバイソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     茎は枝別れしないかしても少しで、葉は中裂し鋭く切れ込む。
     花は3cm前後、多くの萼片が完全に開かず牡丹のようにやや球状になる。雄蕊は花弁より短い。

  • 分布・生育地

  •  北海道(利尻島)(固有)
     高山草原(沢の上部)

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1984年7月20日 北海道利尻島
     下  同 上

  • 撮影記

  •  北海道利尻島の高山帯の湿った草地に群落を作って咲く。この花を見るにはかなりのアルバイトをしなければならない。
     しかし、好天に恵まれれば、山頂まで突き上げる沢の上部の草原に、黄色の絨毯を敷き詰めたようなこの花が、鋭い岩峰と青空をバックに素晴らしい光景を約束してくれる。
     花弁が全開せずボタンのようになって咲くことや、花柱が残る(わかりにくいが、アップの写真で花の中央が赤紫色になっている)ことが特徴である。

    同じ科の仲間の花
花アップ