ハルカラマツ(春唐松)

Thalictrum baicalense


ハルカラマツ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 カラマツソウ属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの多年草。
     茎は上部でまばらに分枝し、茎葉は2〜3回3出複葉。小葉は広卵形で、先は浅く3裂する。
     花は直径8mmで黄白色。そう果は4〜8個で球状楕円形。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北地方南部〜関東地方北部)
     湿った草地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年6月25日 栃木県日光
     中、花アップ  同 上
     下、実アップ  同 上

  • 撮影記

  •  ごくありふれたカラマツソウのように見えるものの、関東北部周辺にだけ分布する少ない種である。
     日光の湿原周辺には比較的多いと聞いていたので、梅雨の合間を見て出かけた。
     ところが、日光駅前は小雨が降り引き返そうと思ったくらいだったのに、戦場ヶ原までくると青空で日差しが眩しい。山の天気は本当にわからない。
     この花は思ったほど多くはなかったものの、湿原周辺の樹林下に点々と見られた。
     小葉の先が浅く3裂するのが特徴であるが、実になると扁平でなく球状のそう果がつくのですぐわかる。

    同じ科の仲間の花
花アップ

実アップ