ヒメウズ(姫鳥頭)

Semiaquilegia adoxoides


ヒメウズ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 ヒメウズ属

  • 特徴

  •  草丈10〜30cmの多年草。
     根元から出る葉は1回3出複葉で、小葉は深く裂ける。茎の途中につく葉は茎を抱く。
     花は白色で少し紅色を帯び、枝の先に下向きに咲く。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東以西)〜九州
     道端や田畑の法面

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1981年4月5日 静岡県高草山

  • 撮影記

  •  春先咲く花は幸せである。冬の間の撮影の休み明け、道端の小さな花まで愛おしくカメラを向ける。
     特に道端や田畑の法面に咲く本種のような小さな花は、花の多い夏ではそうはいかない。

    同じ科の仲間の花