イトキンポウゲ(糸金鳳花)

Ranunculus reptans


イトキンポウゲ

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 キンポウゲ属

  • 特徴

  •  地面を這う多年草。
     茎は細くて、葉も糸状で長さ3〜10cm。
     茎や枝の先から2〜6cmの花茎を伸ばし、黄色の花を1花つける。花弁は5〜9枚ある。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州の数箇所 池や沼の縁

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年8月4日 栃木県日光市

  • 撮影記

  •  高山の池のほとりなどの湿ったところに生えるtというものの、どこにでもある訳ではなく、生育地は少ない。
     札幌市の近郊の山にこの花があると知り出かけた。沼のほとりの石がごろごろしているような場所に少数の株が小さな花を咲かせていた。
     撮り直しにと日光に出かけたところ、やはり沼のほとりではあるがここでは写真のように群生していた。条件が良いとこのくらいには増えるのだろう。

    同じ科の仲間の花