ミヤマトリカブト(深山鳥兜)

Aconitum nipponicum


ミヤマトリカブト

  • 科名・属名
  • : キンポウゲ科 トリカブト属

  • 特徴

  •  草丈30〜150cmの多年草。
     茎の上部には曲がった毛がある。
     葉は3つに浅く〜中程度に裂け、裂片はさらに切れ込む。
     花は青紫色で、花柄は曲がった毛が密生する。雄しべや雌しべは毛がない。

  • 分布・生育地

  •  本州(飯豊山地〜白山の日本海側)
     亜高山帯〜高山帯の草原、林縁

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1996年9月8日 長野県白馬岳

  • 撮影記

  •  かってハクサントリカブトと呼ばれていた種類である。
     この仲間は研究が進むにつれて分類が変わり困惑する。毛の生え方等で区別されることが多く、アマチュアはそこまで細かく写真にしている場合は少ない。
     北アルプスにもトリカブトは何種類かあるののの、白馬岳で群生するトリカブトは本種である場合が多い。

    同じ科の仲間の花