クワクサ(桑草)

Fatoua villosa


クワクサ1

  • 科名・属名 : クワ科 クワクサ属

  • 特徴 :
     草丈15〜80cmの1年草。
     茎は直立して分枝し、細かな毛があり、暗紫色をおびることがある。
     葉は互生し、卵形で長さ5〜10cm、幅2〜5cm。先は尖り、基部は切形、縁には鈍い鋸歯がある。質は薄く、表面は毛があってざらつく。
     花は葉腋に雄花と雌花が集まってつき、淡緑色で紫色を帯びることがある。雄花の花被は4裂する。
     果実(痩果)は扁三稜形を帯びた球形で小さく、花被に包まれ、下半部は膨らんで液質になり、はじけて種子を飛ばす。

  • 分布・生育地 :
     本州〜沖縄 (国外:朝鮮、中国、台湾、東南アジア、他北アメリカに帰化)
     道端、荒地、草地

  • 花期 :   9〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2005年9月19日  栃木県今市市
     中・全体2 2003年10月5日  神奈川県丹沢
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     左下・花 2016年9月30日  神奈川県川崎市
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     秋口、道路端や荒地などでごく普通に見られ、葉が桑に似ていることから和名がつけられている。
     春はこういう目立たない花でも、冬の間被写体がなく花に飢えているので撮影するが、秋は腹いっぱいで見逃していることが多い。
     この花もそれに気がついてやっと撮影した。
     全体写真の2枚の花は紫色を帯びているが、普通は左下のアップの花のように淡緑色が多い。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
クワクサ2

花