ギンゴウカン(銀合歓)

Leucaena leucocephala


ギンゴウカン

  • 科名・属名
  • : マメ科 ギンゴウカン属

  • 特徴

  •  高さ4〜8mの常緑低木〜小高木。帰化。
     葉は2回偶数羽状複葉で、6〜8対の羽片をつける。各羽片は長さ6〜10cmで、14〜16対の小葉からなり、小葉は対生し、長卵形〜狭卵形、長さ8〜13mm、幅2〜3mm。両面無毛で、夕方葉は垂れ下がり、相対する小葉は合わさって閉じる。
     花は枝先に頭状花序となって密につき、花は白色球状で径約2cm、花柄は3〜5cm。
     果実(豆果)は線形で扁平、長さ10〜17cm、幅1.5〜2cm。種子は10〜25個ほど入り、卵状楕円形で中央にくぼみがあり、黒褐色の光沢がある。
     別名 ギンネム

  • 分布・生育地

  •  帰化(熱帯アメリカ原産)
     沖縄、小笠原  道端、荒地

  • 花期
  • : 1年中

  • 撮影月日・場所

  •  2003年12月14日 沖縄県西表島
     中花、下・豆果 2011年12月12日  同 上

  • 撮影記

  •  正式な和名より別名のギンネムの方がよく知られているマメ科の帰化小高木で、極端に繁殖力が強くて年中花を咲かせ、沖縄や小笠原では道路端や荒地で大繁茂している。
     台風の後など葉を落とし坊主になった木をよく見るが、すぐに復活し一層勢力を拡大している。伐採などしても状況は同じのようである。
     今でこそ見たくもないほど多い木であるが、古くから西表島に通っている花仲間の話を聞くと、昭和40〜50年代ではまだ珍しい植物のようであったらしい。

    同じ科の仲間の花
花

豆果