ハギカズラ(萩蔓)

Galactia tashiroi


ハギカズラ

  • 科名・属名 : マメ科 ハギカズラ属

  • 特徴 :
     長さ30〜150cmのつる性の多年草。
     葉は3小葉からなり、小葉は楕円形〜広倒卵形、長さ2〜2.5cm、幅1.3〜2cm。先端は円いかやや窪み、縁は少し外側に曲がりこむ。質は革質、表面は無毛、裏面は灰白色の軟毛が多い。托葉は狭卵形、長さ2〜2.5mm、早落する。
     花は葉腋に長さ2〜5cmの総状花序となって2〜8花の蝶形花を疎らにつけ、花冠は淡紅紫色で、長さ1.3〜1.5cm。花柄は長さ1.5〜3mm。旗弁は卵円形、竜骨弁は翼弁より長い。萼は深く4裂、裂片は狭披針形。
     果実(豆果)は扁平で、長さ3〜4.5cm、幅6〜7mm。白い伏毛が密生し、5〜6個の種子が入る。

  • 分布・生育地 :
     九州(トカラ列島、奄美大島)〜沖縄 (国外:台湾)
     海岸の岩場、草地

  • 花期 :  4〜12月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2005年5月15日  沖縄県国頭村
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花 2004年4月9日  沖縄県石垣島

  • 撮影記 :
     海岸近くの草地や隆起石灰岩の上に蔓を伸ばし、赤紫色の花をつける。葉は厚くて光沢があり、縁は少し巻き込み、潮風のあたる海岸に生き延びている知恵を感じる。
     いろいろな場所で葉は見かけたが、訪れる時期が悪いのか台風などの影響か、まともに花をつけている株にはなかなか出会えなかった。
     やっと恩納村の海岸、隆起石灰岩の岩上で花をつけている株を見つけた。
     石垣島で撮影した花も本種としたが、こちらは葉の表面に細軟毛のあるヤエヤマハギカズラかもしれない。

  • 同じ科の仲間の花
花