ハリエンジュ(針槐)

Robinia pseudoacacia


ハリエンジュ

  • 科名・属名 : マメ科 ハリエンジュ属

  • 特徴 :
     高さ15〜25の落葉高木。逸出帰化。
     樹皮は灰褐色で、縦に深い割れ目がある。
     葉は互生し、長さ12〜25cmの奇数羽状複葉で、5〜10対の小葉からなる。小葉は狭卵形〜楕円形で、長さ2.5〜5cm、質は薄く全縁で、先端は円頭かわずかに凹む。
     花は葉腋から長さ10〜25cmの総状花序を出して多数つき、蝶形で白色、長さ1.8〜2cm、芳香がある。
     果実(豆果)は広線形で、長さ5〜10cm、幅1.5〜1.8cm、背軸側に狭い翼があり、3〜10個の種子が入る。
     別名 ニセアカシア

  • 分布・生育地 :
     逸出帰化(北アメリカ原産) (国外:世界各地に帰化)
     土手、崩壊地、川岸

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2013年5月8日  神奈川県川崎市
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花序、下右・葉    同  上
     下左・花 2015年4月30日  東京都稲城市

  • 撮影記 :
     明治時代に北アメリカから渡来し、砂防用などで植えられたものが逸出し、川岸や土手などに野生化している。
     川崎市で見かけたこの花も、昔は多摩川の川岸であったと思われる多摩丘陵の縁に生えていた。
     樹高は10mを優に超え、白い花が多数つき、撮影しているといい香りが漂ってきた。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花序

花