クサネム(草合歓)

Aeschynomene indica


クサネム1

  • 科名・属名
  • : マメ科 クサネム属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの1年草。
     茎は直立し、若い枝の毛は少ない。
     葉は長さ5〜8cmで40〜60個の小葉からなる。小葉は狭長楕円形で長さ1〜1.5cm、幅2〜3.5mm。無柄。
     花は葉腋から出た柄に数個つける。花は淡黄色で長さ約1cm。
     豆果は広線形で、長さ3〜5cm、4〜8個の小節果からなる。

  • 分布・生育地

  •  日本全土
     水田や川の側の湿り気のある場所

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年8月27日 新潟県北蒲原郡
     中 2004年8月29日 新潟県豊栄市
     下 1995年8月27日 新潟県北蒲原郡

  • 撮影記

  •  田の畦や池の縁など湿った場所に生え、細かい小葉は葦の緑に溶け込み、淡黄色の花だけが浮き上がって見え、優しい感じのする花である。
     2枚とも水生植物を探しに出かけた新潟県の湖の周辺で見つけた。

    同じ科の仲間の花
クサネム2

花・実アップ