オジギソウ(御辞儀草)

Mimosa pudica


オジギソウ1

  • 科名・属名 : マメ科 オジギソウ属

  • 特徴 :
     草丈約1mの小低木状の多年草。帰化。
     茎は横に広がって分枝し、少数の刺と多数の刺毛がある。
     葉は2回羽状複葉で、羽状葉は4個で葉柄の先端に掌状につく。小葉は狭長楕円形で長さ1〜1.5cm。葉は敏感で触ると閉じる。
     花は頭状花序で、各葉腋から1〜2、3個出て、桃色、直径約1cm。
     果実(豆果)は扁平で多数つき、長さ1〜2cm。種子は1個。

  • 分布・生育地 :
     逸出帰化(熱帯アメリカ原産) (国外:世界の熱帯域に帰化)
     道端、荒地

  • 花期 :  10〜4月?

  • 撮影月日・場所 :
     2006年2月4日  沖縄県国頭郡1
     中    同  上
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花 2015年10月8日    同  上2

  • 撮影記 :
     園芸種が逸出したもので、触るとすぐに葉を閉じ、それが和名の由来になっている。
     本州でも神奈川県などに逸出が知られているが、沖縄では道路端などで時々見かける。
     小雨の降る沖縄としては予想外に寒い日、他の花を求めて入り込んだ山道で、目的の花は見つからなかったもののこの花に出会えた。

  • 同じ科の仲間の花
オジギソウ2

花