ヤエヤマタヌキマメ(八重山狸豆)

Crotalaria linifolia


ヤエヤマタヌキマメ

  • 科名・属名
  • : マメ科 タヌキマメ属

  • 特徴

  •  草丈10〜80cmの1年草。
     茎は細く直立し、毛がある。
     葉は単葉で、線形〜狭長楕円状披針形、長さ1〜3cm、幅2〜5mm。
     花は長く伸びた花茎にい総状花序となりまばらにつく。花弁は黄色で長さ1cm以下。
     果実(豆果)は広卵状長楕円形で黒色、長さ7mm、幅4mmでふくらむ。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(久米、石垣、西表島)
     荒地、草地

  • 花期
  • : 7〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2012年9月2日 沖縄県西表島
     中・花、下左・豆果 2006年10月10日   同 上
     下右・葉 2012年9月2日   同 上

  • 撮影記

  •  何度も訪れる西表島、たまには別の場所と農道を1本入り込むと、道路脇の草地に黄色のマメ科の花が咲いていた。
     近寄ってみると、長い花茎に小さい蝶型の花と真っ黒な果実がついている。ヤエヤマタヌキマメのようだ。黒い果実は本種の特徴で何となくユーモラスな感じがした。
     夕方だったため翌日撮り直しのため昼近くに出かけると、何と花弁は閉じている。咲き終わった様子でもないので、午後遅くにならないと開かない花なのかもしれない。また一つ勉強になった。
     最初に見つけた生育地の株は消滅しガッカリしていたところ、道路を隔てた反対側に大発生し、また別の場所でも花を見つけホッとした。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

実