ヒロハヘビノボラズ(広葉蛇上らず)

Berberis amurensis


ヒロハヘビノボラズ1

  • 科名・属名 : メギ科 メギ属

  • 特徴 :
     高さ1〜3mの落葉低木。
     幹はよく分枝し、灰褐色で稜や溝があり、各節に長さ8〜20mmの刺が3〜5個つく。
     葉は互生し、短枝の先につき、倒卵形〜楕円形で長さ3〜10cm、幅1.5〜3cm。先は鈍頭または鋭頭で、基部は次第に細まり、縁には刺状の細かい鋸歯がある。質は洋紙質で両面無毛。
     花は短枝の先にやや垂れ気味の総状花序となって十数個つき、花弁は6個、黄色で径約6mm。
     果実(液果)は楕円形で長さ10〜11mm、赤熟する。
     葉が短くて円く、長さ2〜5cmで花軸や花柄の赤褐色のものがあり、
     ●アカジクヘビノボラズ(マルバヘビノボラズ)(f. bretschneideri)という品種とされる。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州  山地林内、蛇紋岩地

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     1997年6月16日  北海道アポイ岳
     中上 2005年6月26日  岩手県早池峰山
     中下・花 1986年6月28日  北海道夕張山系
     下・アカジク 1983年7月3日  群馬県至仏山

  • 撮影記 :
     これまでこの花に出合ったのは全て高山帯で、高山植物の1種だと思っていた。
     今回アップするに当たって図鑑の記述を見、必ずしも高山にばかり生えるのではないことを知った。
     ただ、高山帯で見るこの花は、幹の高さも1mに満たないものが多く、花は地味だが何となく高山植物の風情を感じさせる。
     尾瀬至仏山で見た葉が短くて先の円いものは、関東地方北部の蛇紋岩地に分布するアカジクヘビノボラズ(マルバヘビノボラズ)(一番下の写真)という品種とされていた。

  • 同じ科の仲間の花
ヒロハヘビノボラズ2

花

アカジクヘビノボラズ