キバナイカリソウ(黄花碇草)

Epimedium koreanum


キバナイカリソウ1

  • 科名・属名
  • : メギ科 イカリソウ属

  • 特徴

  •  草丈20〜40cmの多年草。
     葉は2回3出複葉で、小葉はやや硬く、ゆがんだ卵形、先は尖り、縁には刺毛がある。
     花は淡黄色で、長さ7〜8mm、距は長く20〜24mmある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(日本海側) 山地の林内

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年4月29日 新潟県北魚沼郡
     下 2005年6月4日 長野県白馬山麓
     下は拡大写真あり(写真をクリック)

  • 撮影記

  •  初めてこの花を見たのは、昭和52年、富成さんの「春の花」に記されていた白馬山麓であった。
     夜行電車で出かける撮影も初めてであったし、花が見つかるかどうかも心配であったが、すぐに見つけてほっとした。
     この写真はその時の写真ではなく、「魚沼産コシヒカリ」で有名な新潟の山奥で撮影したものである。
     下は2005年、久しぶりに訪れた白馬山麓で再会した花である。
キバナイカリソウ2