ナンテン(南天)

Nandina domestica


ナンテン

  • 科名・属名 :
  •  メギ科 ナンテン属

  • 特徴 :

  •  高さ1〜3mの常緑低木。逸出帰化?
     幹は叢生しあまり分岐しない。
     葉は互生し、3回奇数羽状複葉、小葉は披針形で長さ3〜7cm、幅1〜2.5cm。先は鋭形、全縁、質は革質で表面は光沢がある。
     花は枝先に大きな円錐花序となって多数つき、白色で径約6〜7mm。花被片は3個ずつ輪状につき、内側のものほど大きく、萼片と花弁の区別は明らかでなく、最も内側の6個は花弁状になる。
     果実(痩果)は球形で径6〜7mm、赤熟する。

  • 分布・生育地 :

  •  逸出帰化?(中国原産)、自生説では、本州(茨城県以西)〜九州
     山野

  • 花期 :
  •   5〜6月

  • 撮影月日・場所 :

  •  2013年6月23日  埼玉県飯能市
     中・花    同  上
     下・実 2014年12月19日  東京都高尾山

  • 撮影記 :

  •  庭や公園などに植えられているものをよく見かけ、山野に生えているものも栽培品の逸出帰化といわれる一方、国内にも自生があるという説もある。
     確かに人家近くに生えているものは逸出と考えられるが、この花の写真を撮影したのは埼玉県の山中、人家からは遠く離れた林縁に咲いていたもので、自生があるという説に一票を入れたくなる。
     真赤に熟す果実はアルカロイドを含み、咳止めなど薬用にされるということであるが、赤い果実が冬の青空に生える景色はなかなか絵になるものである。

    同じ科の仲間の花
花

果実