ルイヨウボタン(類葉牡丹)

Caulopyllum robustum


ルイヨウボタン

  • 科名・属名 : メギ科 ルイヨウボタン属

  • 特徴 :
     草丈30〜70cmの多年草。
     茎や葉は無毛。  茎葉は普通2個あり、下の葉は2〜3回3出複葉で、葉柄がなく、第1小葉柄が長いので、3個の複葉が輪生しているように見える。上の葉の小葉柄は下より短い。小葉は卵形〜長楕円形、幅の広いものは先が2〜3裂し、長さ4〜8cm、幅2〜4cm、縁は全縁。頂小葉は有柄で側小葉は無柄。
     花は集散花序になって10個程度つき、花は黄緑色、径8〜10mm。花弁状の内萼片は、外萼片は3〜6個で早落性、花弁は6個、小さくて蜜腺がある。
     種子は1つの花から2個ずつでき、球形で径約8mm、裸出して藍色で液果状。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州 (国外:朝鮮、中国、サハリン、ウスリー)
     山地の落葉樹林下

  • 花期 :   4〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 1997年6月8日  山梨県三ツ峠
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・花 2007年6月16日  長野県上高地
     左下・果実(未熟) 2017年6月24日  福島県西白河郡
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     山地の落葉樹林下に生え、葉がボタン(牡丹)に似ていることからこの和名が付けられている。
     頂上を目指し、見通しの利かない樹林下を歩いているとよく見かける。
     まだ新緑の色を残した樹林下は黄緑色に染められ、同じような色の花は保護色のようで目立たない。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花

果実(未熟)