アワダン(あわだん)

Melicope triphylla


アワダン

  • 科名・属名 : ミカン科 アワダン属

  • 特徴 :
     高さ2〜5mの常緑低木。
     全体無毛で、若枝は緑色が2年目は灰白色になる。
     葉は対生し、3出複葉で、小葉は披針状長楕円形で長さ8〜20cm、幅3〜7cm。先は短く尖り、基部は鋭形、裏面に油点が散在する。葉柄は2〜10cm。
     花は葉腋から長さ2〜5cmの円錐花序となって多数つき、花弁は4個、白色、卵状楕円形で長さ3〜4mm。
     果実(刮ハ)は2〜4個の球形の分果に分れ長さ約4mm。種子は黒色で光沢がある。

  • 分布・生育地 :
     与論島以南〜沖縄  林縁

  • 花期 :  6〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     2007年10月29日  沖縄県西表島
     中・花 2006年10月11日   同  上
     下・果実 2011年12月9日   同  上

  • 撮影記 :
     西表島の周回道路はメインの道路であるが、この道路を走るだけで道路沿いで多くの植物が見られる。
     この花は比較的多い種類で、花は小さいがまとまってつくため、車中からでも咲いていることが確認できる。
     花期は夏であるが、秋口でも花が見られ、この時期には同時に小さな果実がビッシリついていることが多い。

  • 同じ科の仲間の花
花

果実