ウメモドキ(梅擬)

Ilex serrata


ウメモドキ

  • 科名・属名 : モチノキ科 モチノキ属

  • 特徴 :
     高さ2〜3mの落葉低木。
     葉は互生し、葉身は楕円形〜長楕円形で長さ2〜8cm、幅1.5〜3.5cm。先は尖り、基部は円形、縁に多数の細かい鋭鋸歯がある。表面には短毛が散生し、裏面は脈上に細毛がある。葉柄は長さ4〜9mm。
     花は雌雄異株で本年枝の葉腋に長さ2mmの短い花序軸を出し花をつける。雄花序は5〜20個、雌花序は2〜4個の花がつく。花は淡紫色で径3〜4mm、花弁は4〜5個、楕円形で長さ2〜2.5mm。雄花には雄しべが4〜5個と退化した雌しべが、雌花には退化した雄しべがある。
     果実(核果)は球形で径約5mm、赤熟し、4〜5個の種子が入る。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州
     山中の湿地や湿った林内

  • 花期 :   5〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     2015年6月22日  静岡県富士宮市
     中上、中下・花    同  上
     下左・果実 2015年8月29日  広島県世羅郡
     下右・葉 2015年6月22日  静岡県富士宮市

  • 撮影記 :
     あるグミこ果実の撮影に出かけた富士山麓、池の縁の落葉広葉樹林の中に淡紅色の花を一杯つけた木があった。
     これまで木本にさほど興味がなかったので未撮影だったが、本種の名前は知っていてすぐにそうだとわかった。
     不思議なもので、それまで気づかなかっただけかもしれないが、同じ年、広島県や宮崎県でも池の縁や湿地で、今度は果実に出会った。
     10月には葉は落ちているにもかかわらず赤い実が残っていた。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
雄花花序

雄花

果実