イワツメクサ(岩爪草)

Stellaria nipponica


イワツメクサ

  • 科名・属名
  • : ナデシコ科 ハコベ属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmの多年草。
     茎はよく分枝して株立ちになる。
     葉は平開し数対あり、線形で長さ2〜3.5cm、幅1〜2mm、基部にわずかに縁毛がある。
     花は1〜8個が集散花序となり、花柄は2〜7cm。花弁は白色で2つに深裂し、萼の1.5〜2倍の長さがある。
     萼は4〜4.5mmで1脈がある。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方)  高山の砂礫地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年8月2日 長野県木曽駒ケ岳

  • 撮影記

  •  一つ一つは小さな花も、まとまって大きな株になるとよく目につく。
     そのうえ、他の植物がまだあまり生えてこない砂礫地や岩礫地に先頭をきって進出してくるので、夏の高山ではよく見かける花である。
     写真の木曽駒ケ岳でも、大きな株が所々にあり、登山客の被写体になっていた。

    同じ科の仲間の花