シコタンハコベ(色丹繁縷)

Stellaria ruscifolia


シコタンハコベ

  • 科名・属名
  • : ナデシコ科 ハコベ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの無毛の多年草。
     葉は柄がなく、長卵形〜卵形で先は鋭く尖り、灰白色。
     花は茎の先や葉腋につき、花弁は白色で萼片より長く、2つに深く裂ける。

  • 分布・生育地

  •  北海道(道東の海岸、高山)本州中部
     高山の岩石地や海岸の崖

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1979年8月16日 山梨県北岳

  • 撮影記

  •  全体に青白味を帯びていて、見かけたらまず他のハコベの仲間と見間違うことはない。
     アルプスや北海道の高山で見かけていたが、ある時、知床の海岸の岩場で咲いているのを見た。
     図鑑を見ると確かに道東の海岸にも分布するとあるが、北海道でも限られた高山にしか見られないのに、こんな低地で見るとびっくりする。

    同じ科の仲間の花