ワダソウ(和田草)

Pseudostellaria heterophylla


ワダソウ

  • 科名・属名
  • : ナデシコ科 ワチガイソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜20cmに多年草。
     根は紡錘状になり、茎は直立し分枝しない。
     葉は対生し、上部の2対は接近してつき、輪生状になる。上部の葉身は広卵形〜菱状卵形で、波状にしわがある。
     花は1〜5個が頂生し、白色で花弁は5個、花弁は倒卵形で先はへこむ。

  • 分布・生育地

  •  本州(中部地方以北)、九州(北部)
     山地の草地

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年5月1日 大分県由布岳

  • 撮影記

  •  和名の由来は長野県の和田峠で、名前のとおり中部地方の草原などで割合に見かける。
     この写真は大分県の由布高原で撮ったもので、分布が広いなと思っていたら、九州北部は隔離分布だった。
     この仲間では珍しく花弁がふっくらしており、そのせいか全体にやや力強い感じがある。

    同じ科の仲間の花