ミズオトギリ(水弟切)

Triadenum japonicum


ミズオトギリ1

  • 科名・属名

  •  オトギリソウ科 ミズオトギリ属

  • 特徴

  •  生育地:
     草丈30〜100cmの多年草。
     茎は直立し、基部は赤みを帯びることが多い。
     葉は長楕円形で、長さ3〜7cm、幅1〜3cm。明点だけがある。
     花は茎頂または葉腋につき、淡紅色で径約1cm。
     花は午後3〜4時頃開き、夕方萎む一日花である。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  池、沼や湿原

  • 花期
  • : 8〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年8月21日 新潟県十日町市
     中 1994年9月2日 大分県大分郡
     下・花 2010年8月21日 新潟県十日町市

  • 撮影記

  •  野の花には、午前中または午後しか咲かない花、あるいは夜咲く花など、咲く時間帯が決まっている花も多い。
     オトギリソウの仲間は、多くが午前中を中心に咲くものが多いが、この花は午後遅くにならないと咲かないという特徴がある。
     遠征の花見行では、帰りの時間を気にしながら開花するのを待たされる破目になる。
     新潟県で見た株は、咲く前はさほど目に付かなかったが、3時を過ぎたあたりから花が咲き始めると、今まで見たことのないほど花付きのいい株が多くびっくりした。

    同じ科の仲間の花
ミズオトギリ2

花