サガリバナ(下がり花)

Barringtonia racemosa


サガリバナ(赤花)

  • 科名・属名
  • : サガリバナ科 サガリバナ属

  • 特徴

  •  高さ10m位になる木本。
     葉は枝先に集まってつき、倒卵状長楕円形で、長さ10〜30cm。革質で先は尖り、縁は波状か鈍鋸歯。
     花は枝先および葉腋から長さ20〜60cmの花序を下垂し、淡紅色〜白色の花を多数つける。花弁は卵状長楕円形〜披針形で、長さ2〜2.5cm。雄しべは多数つき、白色で長さ3〜4cm。
     花は夜に咲き、夜明けとともに落下する。
     果実は卵円形〜長楕円状卵円形で、長さ5〜6cm、やや角ばる。

  • 分布・生育地

  •  九州(奄美大島以南)〜沖縄
      マングローブ後背地の湿地

  • 花期
  • : 6〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年7月12日 沖縄県西表島
     上と左下は拡大写真あり(写真をクリック)
     中・花   同 上
     左下・白花   同 上
     右下・果実 2004年10月2日   同 上

  • 撮影記

  •  奄美大島以南の川沿いに自生するサガリバナ科のこの花、夜に花が咲き陽が昇るころには落ちてしまう。鑑賞ツアーもあるなど、島の夏を代表する花だ。
     この花に会うため夜明け前の薄暗い道を急ぐ。この木の生える湿地は、夜間に活動するハブの棲家で、一瞬たりとも気が抜けない。
     しかし、たどりついた湿地には、そんな苦労を吹き飛ばす素晴らしい光景が広がっていた。
     まだ明けきらぬ暗緑色の葉、その間から淡紅色の細い花糸を広げた花序が垂れ下がっている。むせるような芳香に包まれ、まるで別世界にいるようだ。言葉では表現しきれないこの美しさ、写真からその雰囲気が感じてもらえるだろうか。
     時間を忘れて撮影していると、ポタッポタッという音が聞こえてきた。一つまた一つと花が落ちる音だ。いつの間にか薄暗かった空も明るくなり、夢の世界から引き戻されると、急にお腹がすいてきた。

    果実

    同じ科の仲間の花
花アップ

サガリバナ(白花)