イワセントウソウ(岩仙洞草)

Pternopetalum tanakae


イワセントウソウ

  • 科名・属名 : セリ科 イワセントウソウ属

  • 特徴 :
     草丈10〜30cmの多年草。
     根出葉は2〜3回3出羽状複葉で長い柄があり、小葉は深く切れ込む。茎葉は1個で、線形の羽状複葉となる。
     花は茎頂に複散形花序となり、10〜20の細い花茎の先に、5弁で白色の小さな花を2〜3個つける。

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州   深山のやや湿った林下

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :
     2007年6月16日  長野県上高地
     中・花 2006年7月8日  長野県八ケ岳
     下左・花2 2015年5月30日  山梨県南巨摩郡
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     テンナンショウの仲間を探しに入った針葉樹林下、コケの生える林床に小さな白い花が見えた。イワセントウソウだ。花だけでなくすでにいくつか果実になっているものもある。
     セリ科の花は白い小さな花が集まってつき、どれも似たような感じの花が多いが、この花は放射状に伸びた細い茎とその先に付く花が特徴的で、花の一つ一つが自己主張しているようだ。花と実のバランスもなかなかいい感じだ。
     また、茎につく葉と根出葉は形も大きく違い、まるで別の花の葉のようである。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
花1

花2