ツクシトウキ(筑紫当帰)

Angelica pseudoshikokiana


ツクシトウキ

  • 科名・属名
  • : セリ科 シシウド属

  • 特徴

  •  草丈40〜80cmの多年草。
     茎は直立し、上部で分枝する。
     葉は2〜3回3出羽状複葉で、小葉は1〜3対、長卵形〜狭卵形で長さ約5cm。先は鋭尖頭で縁には低鋸歯があり、表面脈上に短軟毛があるが裏面は無毛。
     花は6〜15cmの径を持つ複散形花序となり、花弁は緑色。
     果実の未熟なものは両端が鋭形で心形にならない。

  • 分布・生育地

  •  九州(佐賀県)  山地の岩石地

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年6月2日  佐賀県
     中・花、下・葉   同  上

  • 撮影記

  •  シシウド属の植物はどれもよく似ていて同定が難しいが、この花は花弁が緑色になるのですぐにわかる。
     分布は佐賀県に限られるようで、この花に出会えることを期待していた。
     谷間の日当りのいい岩場でポツポツ株が見られたが、花には少し早く蕾の状態だった。
     それでも緑色の花というのはよくわかった。

    同じ科の仲間の花
花

葉