ヤブニンジン(藪人参)

Osmorhiza aristata


ヤブニンジン

  • 科名・属名 : セリ科 ヤブニンジン属

  • 特徴 :
     草丈30〜0cmの多年草。
     葉は2回3出複葉で、葉身の輪郭は5角形。小葉は卵形。質は薄くて柔らかく、裏面は白色を帯び、縁には鋸歯がある。
     花は枝先から長い花柄のある複散形花序を出し、花弁は白色の少数の花をつける。花は両性花と雄花がある。
     果実は細長く、長さ約2cmで、下部は尾状になる。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州   山野の藪や日陰

  • 花期 :  4〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     1990年5月20日  北海道江別市
     中・花 1993年5月15日  新潟県北蒲原郡
     下・果実 2015年5月22日  東京都高尾山

  • 撮影記 :
     葉が人参の葉に似て、藪などの日陰に生えることから和名がつけられている。
     春先、林下で見かけるが、写真のように小さな地味な花のため、積極的にカメラを向けることはあまりない。
     セリ科の花はこのような花が多く、見かけているにもかかわらず、未撮影の花が数多くあり、これからの宿題だ。

  • 同じ科の仲間の花
花

果実